(レーザー関連)世界初、アスベストの無害化と粉塵抑制を高出力レーザ照射で実現

    ~アスベスト解体作業者の健康リスクを大幅に低減する技術~

 日本電信電話株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:澤田 純、以下「NTT」)は、高出力レーザの照射によってアスベスト(石綿)※1を繊維形状から球形状に変形できることを確認しました。さらに、回折光学素子(DOE:Diffractive Optical Element)を用い、レーザ照射に伴うアスベスト粉塵の飛散を抑制する技術を開発しました。一般的なアスベスト建材の除去作業では、有害なアスベスト粉塵の吸引によって、作業者に肺がんや悪性中皮腫等の病気を引き起こすリスクがあります。本技術を用いれば、アスベストを無害な球形状※2へ変形するとともに、飛散する粉塵量を抑制できるため、作業者の健康リスクを大幅に低減することが可能です。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目