(株)光響/省スペース化を実現した大口径・高出力対応ビームプロファイラ (LaseView-LHB-25)を発売

  株式会社光響(代表取締役 住村和彦、本社 京都府京都市)は、狭い空間でのレーザーやLEDなどの各種光源を高精度に測定・分析・評価できる大口径・高出力対応ビームプロファイラ「LaseView-LHB-25」を新たに開発し、5月11日(水)より、発売致します。
  本品は、シリーズ標準品である大口径・高出力対応ビームプロファイラ「LaseView-LHB」の基本性能をベースに、狭い空間での光源測定に対応すべく、各種改良を加え、開発されたものです。企業の研究開発・教育分野等では、レーザー・ビーム光を施設内の狭域スペースで用いますが、既存の光響製の大口径製品の大型受光面では、狭い空間での光を正確に捕捉出来ないケースがありました。
  本製品は、受光面の縦横長さを従来(LaseView-LHB)の1/2サイズとして感度を改良する事で光源を正確に捕捉でき、従来品より高い光学分解能とすることができ、正確な光源評価を行えます。
  なお、1週間レンタルも承っております。お気軽にお問い合わせください。

■製品イメージ:                ■構成図:

■特長:
・ビームプロファイルやビーム径を簡単測定
・大口径のレーザー測定が可能
・低出力から高出力までのレーザー測定が可能
・スペックル(キラキラ輝く明暗の斑点模様)の低減機能付き
・ビームプロファイラ with M2プラットフォームソフト(LaseView)付き
・高耐熱スクリーンによる高出力ビーム対応

■用途:
・各種高出力レーザー(レーザークリーナ・レーザー加工機等)の検査・メンテナンス
・加工用レーザーのビームプロファイル測定
・LEDのCW連続及びパルス発光評価測定
・半導体レーザーの発光評価測定
・LiDARの評価
・光ピックアップのビーム評価測定
・スキャンレーザーの位置測定

■仕様:

項目 数値
型式 LaseView-LHB-25
受光面寸法 25 mm × 25 mm
測定パワー
密度の目安
0.1~100 W/cm2(露光時間により感度を調整)
総入射パワー 最大10 W
許容光入射角度 ±15°
光学分解能 約50 μm
測定波長範囲 400~1100 nm(指定波長にてフォーカス調整済み)
センサー
有効画素数
1440 × 1080
取得画像画素数 1600 × 1600
ビット深度 8 / 16 bit
フレームレート 238 fps(最大)
露光時間 1 μs ~ 30 s
インタフェース USB 3.0
電源 カメラ電源5 V(USBより供給)
モーター電源6 V(付属ACアダプタより供給)
外形寸法 W129 mm × H57.5 mm × D116 mm
備考 光学分解能の20倍以下のビーム径の測定では十分な精度が得られない
ことがあります。
フレームレートは、PCの演算能力、USBの接続状態、設定により低下する
ことがあります。
スペックル低減機能を利用する場合、1~2秒間の測定時間(典型値)を要します。

■概要:
製品名:大口径・高出力対応ビームプロファイラ
型 番:LaseView-LHB-25
価 格:お問い合わせ下さい
納 期:お問い合わせ下さい
URL :https://www.symphotony.com/products/laseview/lhb/#lhb25

株式会社光響では、今後もレーザー産業の活性化に貢献し、レーザー技術による5大革命(情報革命・医療革命・食料革命・環境革命・エネルギー革命)の促進を支援して参ります。