パーキンソン病のすくみ足をなくすレーザーシューズ、オランダで開発中

投稿者:

想像してみてほしい。歩こうと、足を動かそうとしても体がついてこない。その結果、体が前のめになるなどしてバランスを崩し、転倒したりすることもある。それが、パーキンソン病にみられる「すくみ足」という症状だ。この症状、実は足先に何か気になるものを見つけてそれに注意を向けたりすると、一歩が踏み出せる場合が多いのだという。それをテクノロジーの力で何とかできないか、と開発中なのがレーザーを使ったシューズだ。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目