NIIら、日欧間で速度 131Gbps のデータ転送に成功

投稿者:

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII、所長:喜連川 優、東京都 千代田区)は欧州の研究ネットワーク「GÉANT」(*1)と共同で、NII が構築・運用している学術情報ネ ットワーク「SINET5」の 100Gbps の日米回線などを使って構築した日欧間のネットワークで大容量 データの転送実験を行い、10 テラバイト(TB)(*2)のデータを 131Gbps(*3)の速度で転送することに 成功しました。データ転送には、NII が超高速データ転送用に開発したプロトコル「MMCFTP」 (Massively Multi-Connection File Transfer Protocol)を使用しました。本実験は5月 29 日から 6 月 2 日までオーストリア・リンツで開催されたネットワーク分野の国際会議「TNC17」(*4)でのデモン ストレーションに向けて実施しました。 素粒子物理学、核融合学、天文学などの先端科学技術分野では国際協力によって構築された巨大な実 験装置などで得られたビッグデータを国境や地域を越えて転送・分析しており、大陸間の大容量高速デ ータ転送技術の必要性が高まっています。今回の実験で多くの巨大実験装置が立地する欧州との間で 131Gbps という速度での転送に成功したことは、SINET5 の 100Gbps 日米回線など世界中で導入・増 強が進む広帯域回線の連携と、複数の回線を利用して大容量のデータを高速で転送できるプロトコル MMCTFP の組み合わせが、国際共同研究における日欧間ビックデータ共有の活発化・高度化に寄与でき ることを実証したものと考えられます。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目