三菱電機、メニスカスレンズ内蔵の赤色高出力半導体レーザーを発売

投稿者:

業界初のメニスカスレンズ内蔵によりプロジェクターの設計簡素化などに貢献 レンズ付き 638nm 赤色高出力半導体レーザー発売のお知らせ

三菱電機株式会社は、プロジェクター用半導体レーザーの新製品として、業界で初めて※1 メニ スカスレンズ※2 を内蔵した発光波長 638nm でパルス駆動光出力 2.5W の赤色高出力半導体レー ザー「ML562H84」を 9 月 1 日に発売します。外付けのコリメートレンズ※3 が不要となり、プロ ジェクターの光学設計の簡素化や光学機器の小型化・低コスト化に貢献します。 ※1 2017 年 7 月 5 日時点、当社調べ。発光波長 638nm のプロジェクター用赤色高出力半導体レーザーとして ※2 レンズ形状の片側が凹で片側が凸の凹凸レンズ ※3 光を平行にするためのレンズの総称。様々な形状(凸レンズ、凹レンズなど)があり、メニスカスレンズ はその一つ

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目