がん転移1細胞から解析するレーザー技術 東大・理研「透明化」で高解像度、治療にも期待

投稿者:

がん細胞は体内で独自に増殖し続けて周囲の組織を圧迫し、機能障害を起こすが、他の臓器に転移する場合、たとえがん細胞1個や数個の小さな塊であっても血液やリンパ液などによって移動し、その場で再び増殖することが知られている。しかし、がん細胞1個単位の高い解像度で全身のどの臓器・組織に転移しているかを包括的に観察することは極めて困難だった。

そこで、東京大学大学院医学系研究科の上田泰己教授(理化学研究所生命システム研究センターグループディレクター兼任)、久保田晋平日本学術振興会特別研究員と宮園浩平教授、高橋恵生特任研究員らの共同研究グループは、マウスを透明化し、全身の全臓器にあるがん微小転移を1細胞レベルの解像度で解析することが可能な技術を開発した。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目