産総研ら、ガンマ線の光渦を発生させる手法を発見

投稿者:

概要

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所【理事長 中鉢 良治】(以下「産総研」という)分析計測標準研究部門【研究部門長 野中 秀彦】放射線イメージング計測研究グループ 平 義隆 研究員、大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 分子科学研究所【所長 川合 眞紀】(以下「分子研」という)加藤 政博 教授、国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構【理事長 平野 俊夫】(以下「量研」という)東海量子ビーム応用研究センター 早川 岳人 上席研究員らは、円偏光高強度レーザーと高エネルギーの電子の衝突(レーザーコンプトン散乱)によって、渦状の形状を持つガンマ線が生成されることを理論計算により見出した。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目