いつか実現したらかっこいい!近未来レーザースポーツゲーム!『LASER LEAGUE』!!

投稿者:

今回のレーザーゲームのご紹介は、ネオンカラーに煌めくアリーナでレーザーを駆使して闘う近未来対戦型スポーツゲーム、『Laser League』。1世紀2世紀待たなくても、そのうちこんなスポーツが本当に誕生するんじゃないかな、誕生したら良いな、と思ってしまう派手カッコイイゲームとなっている。

バトルフィールドはサッカーやバスケットボールで見慣れた長方形。2対2、3対3、4対4の中から選択したチーム戦で戦う。フィールド上に出現する白い「ノード」に触れるとレーザーの壁が出現する。味方のレーザーに触れてもなんともないが、敵のレーザーに触れると即死亡。一撃死だ。つまり、敵レーザーを回避しつつ味方レーザーを増やし、敵を追い詰め全滅させる、とルールも勝利条件も単純なのだが、昨今のゲームは勿論単純なままでは終わらない。

まず、「ノード」に触れると出現するレーザーだが、単なる1枚壁のような物から回転する複数羽型の物まで全12種類。サイズも動きも様々で、「コレ、避ける場所ないよね!?」と叫びたくなる回避の限界を試されるパターンなんかも存在する。フィールドの形は変わらないので、その中で技術を駆使して避けまくる緊張感が味わえる。また、レーザーは最低限でプレイヤーのガチンコバトルで勝敗を決する、バトル好きにはたまらないフィールドもちゃんと用意されている。ちなみに、フィールドの上下左右は逆サイドへワープするシステムなので攻撃に防御に効果的に活用できる。不意打ちが成功すればテンションが上がること間違いなしだ。

そして、このフィールド内を駆けまわるキャラクター「クラス」が全6種類。大型レーザーの刃のような物を携え短距離ダッシュで敵を撃破する「BLADE」。数秒間無敵状態でレーザーをすり抜け、戦闘不能の仲間の蘇生までしてくれるのに名前は幽霊な「GHOST」。「SMASH」は楯状のレーザーを装備しているが、それを防御ではなく長距離ダッシュで勢いよく敵を殴打する為に有効活用している。マークした場所にテレポートして間にいる敵を倒せる「SNIPER」、エリア攻撃可能で敵をマヒさせられる「SHOCK」、読んで字の如くそのままの役割「THIEF」は敵のレーザーを盗んで味方のものにして使っちゃう、とやるのは良いけどやられたら相当腹が立つ能力だ。

プレイヤーはこの6種のクラスを組み合わせ、使い分け、コンビネーションプレイやチーム構成を練り上げて戦略を立てなくてはならない。試合は2セット先取制、1セットは3ラウンド先取となっており、セットを落としたチームはクラスを変更して次のセットに挑むことが出来る。負けたセットを無駄にせず、相手の弱点を突けるクラスを選べるのが良い。また、勝った方も、次は自分のクラスの弱点を狙われるわけだから易々とは勝てない、という緊張感を楽しめるシステムとなっている。嬉しいことに外見オプションは250種類を超え、好きなようにカスタマイズできるのでカッコよくもカワイくも好き放題に楽しめる。

更に、フィールド上にはランダムでパワーアップアイテムは出現する。敵と味方のレーザーを入れ替える「SWITCH」、レーザーの動きを反転させる「REVERSE」、回避重視フィールドで使われたら絶叫したくなること請け合い、レーザーの速度を上げる「SPEEDUP」、不利な時には使いたい有利な時には使わせない、全レーザーをリセットする「RESET」等、全16種。勝機を呼び込むのも危機に陥れるのも使い方次第。効果的に利用して行きたいところだ。

製作は、スケボーゲーム「OlliOlli」や、独特の世界感と謎の爽快感「NOT A HERO」で知られる『Roll7』。2月9日から早期アクセス販売を開始している。対応プラットフォームはWindows。1480円の通常販売価格が2月16日まではプロモーション期間の為1036円と30%オフで購入できてお買い得だ。今年度中に、PS4、X-box用もリリース予定とのこと。未来型スポーツのスタジアムで大歓声を浴びる快感を味わってみたい方は、一度お試しになってみるのも良いのではないだろうか。

*What Is Laser League?

参考
*Roll7
http://www.roll7.co.uk/
https://static.wixstatic.com/media/cfa0c0_db62144a4b1944d3bfecd3b7dd9ff90e~mv2.png/v1/fill/w_589,h_331,al_c,usm_0.66_1.00_0.01/cfa0c0_db62144a4b1944d3bfecd3b7dd9ff90e~mv2.png (Top画像)

*automaton
http://jp.automaton.am/wp-content/uploads/2018/02/20180209-62496-003.jp 図3
http://jp.automaton.am/wp-content/uploads/2018/02/20180209-62496-001.jpg 図4

https://www.gamespark.jp/imgs/zoom/190261.jpg 図1
https://www.gamespark.jp/imgs/zoom/190259.jpg 図2

執筆者: 株式会社光響 緒方