スタンフォード大学、コーナーに隠れた物体の画像を生成するレーザーベースのイメージング技術を発表。自動運転車向けに飛び出す人を事前に検知など

投稿者:

スタンフォード大学の研究者らは、レーザーベースのイメージング技術を用いてコーナーに隠れた物体の画像を生成する技術を発表しました。この技術は、自動運転車向けに開発されているもので、コーナーに隠れた飛び出す人などを事前に検知することで、安全を向上させる目的があります。もちろん、救助活動で見えない場所を効率よく探索するなど、他の用途にも活用可能です。仕組みとしては、レーザーパルスを壁に反射させ、物体にあたり、また検出器に戻るというスキャンを行い、その情報を基に開発したアルゴリズムを使用して、画像を生成します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目