「400Gbps 小型集積 EML TOSA」サンプル提供開始のお知らせ (光源:変調器集積半導体レーザー)

投稿者:


三菱電機株式会社は、伝送速度 400Gbpsの大容量高速光ファイバー通信で使用される送信モジュールの新製品として、IEEE400GBASE-LR8規格に業界で初め2個のTOSAで適合した「400Gbps 小型集積 EML TOSA」のサンプル提供を4月1日に開始します。これにより、データセンターなどの光ファイバー通信機器収容局内の伝送速度の高速化と大容量化に貢献します。
なお、本製品は「The Optical Fiber Communication Conference and Exhibition 2018」(3 月 13日~3 月 15 日、於:米国・サンディエゴ)に出展します。

新製品の特長

波長多重や PAM4 変調方式などにより、400Gbps の大容量高速通信を実現

・短波長用と長波長用 TOSA(各4波長)を組み合わせることで、8波長の多重伝送を実現
・変調方式に PAM4を採用し、8 波長で400Gbps(1 波長あたり50Gbps)を実現
・長距離伝送に適した高い消光比と光出力のEML素子の搭載により、伝送距離10kmを実現
・IEEE 400GBASE-LR8規格に業界で初めて2個のTOSAで適合
・400Gbps 光トランシーバーのパッケージ規格である CFP8にも適合

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目