4.9Gおよび5G LTE基地局向け25Gbps直接変調型レーザダイオード「RV2X6376Aシリーズ」を出荷開始

投稿者:

ルネサスエレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下ルネサス)は、このたび、直接変調型レーザダイオード(DML: Directly Modulated Laser)の「RV2X6376Aシリーズ」を発表します。本新製品は、4.9Gおよび5G LTE基地局内ならびにデータセンタのルータとサーバ間で高速通信を可能にする100Gbps(ギガビーピーエス)の光トランシーバ用光源として25Gbps x 4波長に対応します。RV2X6376Aシリーズは、業界で初めて、-40°Cから最高95°Cまでの動作温度範囲に対応しました。これにより、冷却なしで1波長あたり25Gbpsの速度を可能にします。

RV2X6376Aシリーズは、4波長を使用することにより、従来のNRZ(Non Return to Zero)変調方式を採用するコンパクトな100Gbps QSFP28光トランシーバ・モジュールの光源に使用可能です。CWDM4(Coarse Wavelength Division Multiplexing)標準仕様に準拠しており、1チャネルあたり25Gbpsで4チャネルを多重化することにより100Gbpsを実現します。RV2X6376Aシリーズは、データセンタで使用され、既に量産実績のあるコマーシャルグレード対応(-5°C~85°C)の「NX6375シリーズ」に続くシリーズです。モバイル基地局に求められる耐久性と信頼性を提供することに加え、ユーザはより広い温度範囲へアップグレードすることができます。

新製品は、ベアダイの形態での出荷となり、サンプル出荷ならびに量産出荷を開始しました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目