セコムとパスコ、ドローンによるシカ食害対策の実証実験(レーザーセンサー搭載)

投稿者:

セコムと同社のグループ会社で地理情報サービス事業を行うパスコは3月28日、野生鳥獣による農作物被害の減少に向けて、民間防犯用の自律型飛行監視ロボット「セコムドローン」を利用したシカ食害対策の実証実験を2018年4月に開始すると発表した。農林水産省によると、2016年度における野生鳥獣の農作物被害は約172億円に達し、その範囲は山間地域や中山間地域に留まらず、都市部にまで及んでいる。その中でもシカによる被害は約56億円となり、柵を飛び越えたり、なぎ倒したりして田畑に侵入するため対策が難しく、全国的に農作物被害を与えているという。

セコムは、同社が防犯用として提供してきたセコムドローンの「侵入監視サービス」で培った技術を応用し、京都府農林水産技術センター農林センターの協力を受け、京都府南丹市日吉町の「STIHLの森 京都(府民の森ひよし)」において、シカによる食害対策の予備実験を2017年11月から12月にかけて計10日間行った。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目