ドローンのナビゲーションや測量に適したOUSTERの新型LiDARセンサー

投稿者:

200mで64ビームを誇るOS-2-64と3,500ドルの手頃なOS-1-16

OUSTER社は、価格と用途に合わせて2つの新製品を発表した。OS-2-64は、15.8度の狭い間隔で64ビームを使用して200メートルのレンジを測定する。自動運転では、ハイウェイAVおよびADAS(先進運転支援システム)用アプリケーションの長距離検出に適したパフォーマンスを提供する。OS-2-64のサイズは、直径110mm x高さ85mm。市販の小型フォームファクタLiDARセンサとほぼ同等のサイズで、重さは約600グラム。他社の拡張距離センサと比較して、OS-2-64のビーム数は多く、レンジも拡張され、ユニット当たり24,000ドルの大幅な低価格化も達成した。

OS-1-16は、ビーム数を16に減らし3,500ドルの低価格を実現した。その製品ラインナップは、用途に合わせて3種類が用意される。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目