測域センサ(LiDAR)用コントローラ新発売

投稿者:

独自のセンシング技術で、工場などの省力化(オートメーション)に貢献する産業用センサメーカの北陽電機株式会社(大阪市中央区)は、測域センサ(LiDAR)用コントローラ「RSX シリーズ」を4月に発売します。さらにコントローラを活用したシステムの第1弾として、人数カウント、人流計測システムを発売します。商業施設やイベント、レジャー・エンターテイメント施設、公共施設のマーケティングデータ、及び産業用途として作業員の動線計測による作業工程及びレイアウトの最適化検討データの取得用機器としての活用を見込んでいます。


本コントローラでは測域センサ(LiDAR)を最大4台まで接続でき、センサ計測データをコントローラにて制御することにより、さまざまな用途に対応することが出来ます。インターフェースとして入力4点、出力8 点のI/O 入出力、Ethernet を搭載しており、外部機器との接続性も高く、さらに無線LAN(Wi-Fi)を搭載することによりモバイル端末でのモニタリングも可能です。また、SDK(ソフト開発キット)の付属も今後予定しており、測域センサ(LiDAR)を使ったシステム開発が簡単に実現できます。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目