(レーザーセンサ関連)コンピュータ制御可能な研究開発用移動台車プラットフォーム 導入版パッケージ販売開始

投稿者:

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、コンピュータ制御可能な研究開発用移動台車プラットフォームPOWER WHEEL II(パワーホイールツー)エントリーパッケージの販売を開始致しました。
移動台車プラットフォームPOWER WHEEL IIの開発に必要なモニタ・マウス・キーボードを付属したパッケージです。POWER WHEEL IIは、大容量リチウムイオン電池を搭載、高出力モータを用いた独立二輪駆動方式の6輪(中央部駆動輪×2、自在輪×4)台車で8時間の走行が可能です。積載スペースは幅650mm × 奥行950mm、最大積載重量は100kgでさまざまな実験機材の搭載が可能です。標準センサとして、高精度ロータリエンコーダ、慣性センサ、測距センサを搭載、オプションセンサとして、2Dレーザーレンジセンサの搭載が可能です。また、外部に設置したPC(オプション)から通信機能を用いて遠隔操作の実験も可能です。制御用PCはLinux PCを搭載し、ソフトウェア開発環境(SDK)として、各種センサ情報の取得、モータ駆動、通信(WiFi)などのライブラリとサンプルプログラムが付属、これらを用いてお客様が自由にアプリケーションを開発することができます。今回、開発に必要なモニタ・キーボード・マウスを付属としたので、その場で搭載の制御用 PC へアクセスし、サンプルプログラムの実行や付属のサンプルコードの編集などが容易に行えます。近年、少子高齢化に伴う労働人口の減少、電子商取引の拡大による配送の効率化への対応など、物流や製造現場において、自動搬送・無人搬送や移動ロボットへのニーズが高まっています。本製品は、様々な実験機材を搭載し、長時間の実験が可能な自動搬送・移動ロボットの研究開発プラットフォームとして開発されました。価格は、310万円(税別)で本日より販売開始、2018年11月の出荷を予定しております。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目