(Lidar関連)世界で初めて動的なリアルタイムシミュレーションを可能にした赤外線シミュレータの新製品、 およびカメラシミュレータ、超音波シミュレータの3製品を世界同時発売

近距離無線システムおよび組込みシステム等の開発・販売を行う株式会社OTSL(本社:愛知県名古屋市、代表取締役兼CEO:波多野祥二)は本日、自動運転向け3次元リアルタイム・センサ・シミュレータ製品群「COSMOsim(コスモシム)」を強化し、新たに赤外線、カメラ、超音波の各センサに対応したシミュレータ3製品を、自動車メーカ、システムサプライ・メーカ(車載センサメーカ)および半導体メーカを対象に世界同時発売します。OTSLでは昨年、ミリ波レーダシミュレータの「Advanced Millimeter Wave Radar Simulator (AMMWRシミュレータ)」およびLIDARシミュレータの「Advanced Laser Radar/LIDAR Simulator(ALRシミュレータ )」を発売し、自動運転向けリアルタイムシミュレータ事業に参入しました。今回新たに、赤外線シミュレータの「Advanced Infrared/μBolometer Simulator(AIRBシミュレータ)」、カメラシミュレータの「Advanced Camera Image Sensor Simulator(ACISシミュレータ)」、超音波シミュレータの「Advanced Ultrasonic Simulator(AUSシミュレータ)」を製品ラインアップに追加し、自動運転向けのあらゆるセンサ方式に対応できる5種類のシミュレータ製品が揃いました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目