スキャナレーザ加工ヘッド用保護ガラスの汚れを高精度且つインプロセスで検出・数値化するモニタ装置を開発

投稿者:

古河電気工業株式会社(社長;小林 敬一、以下 当社)と株式会社NISHIHARA(社長;中山 孝良、以下 NISHIHARA)は、共同でガルバノスキャナタイプのレーザ加工ヘッド用保護ガラスの汚れを高精度で検出するモニタ装置を開発しました。自動車やEV用モーター、電池等の自動車部品、電子部品の製造に適用されているファイバレーザ溶接工程の管理コスト削減や溶接品質の安定化に大きく貢献します。

背景
近年、自動車や自動車部品(EV用モーター、電池等)、電子部品等の製造には、ファイバレーザによる溶接工程が導入されています。レーザ溶接では、レーザ光を集光するためのレンズやレンズの汚損を防止するための保護ガラスで構成される加工光学系(加工ヘッドやガルバノスキャナ)が使用されています。レーザ溶接の際、加工対象物から発生するスパッタやヒュームが保護ガラスに付着することで、レーザの集光状態が変化し溶接品質悪化の原因となっていました。これまで保護ガラスは、溶接不良発生後の目視確認や定期交換により管理されてきましたが、歩留まりの低下や管理コストアップにつながることから溶接不良発生前の汚れ検知や最適な交換タイミングを判別できる手段が求められていました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目