「レーザー回析/散乱式粒子径分布測定装置Partica LA-960V2シリーズ」を12月に発売

投稿者:

当社は、レーザー光を使って微粒子の大きさを測定する、粒子径分布測定装置の新製品「Partica LA-960V2」を12月1日に発売します。本製品は、新たに粒子径の測定精度保証を従来機種の30ナノメートルから業界最小の20ナノメートルとさらに高精度な測定を実現しました。ナノ領域の微小材料の実用化が進む化粧品や触媒、二次電池などの分野で、製品特性を左右する粒子の大きさや分布を測定して均一性をみる最高精度の測定装置を提供します。お客様の品質管理体制の強化につながり、ナノ物質を応用した新技術の実用化や競争力の向上に貢献します。また、原液に近い状態での測定により、凝集状態の測定が実現可能となった高い実績を誇る高濃度セルユニットを標準搭載可能となりました。

「レーザー回析/散乱式粒子径分布測定装置Partica LA-960V2シリーズ」

本製品は、11月28日から30日まで開催の国際粉体工業展東京2018 (東京ビックサイト)に初出品します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目