(レーザーセンサー関連)新築建物の工事現場における生産性向上に向けて/自動搬送システムの開発に着手

投稿者:

三井不動産株式会社(本社:東京都中央区 社長:菰田正信 以下、三井不動産)と株式会社大林組(本社:東京都港区 社長:蓮輪賢治 以下、大林組)は、建設現場における生産性の向上を図るため、共同で資材等の自動搬送システムの開発に着手しました。現在は、試作機の製作および動作確認が完了し、2019年より、三井不動産が建築主で大林組が施工する三井不動産ロジスティクスパーク船橋Ⅱ新築工事(千葉県船橋市)において実証実験を予定しています。建設現場では、少子高齢化に伴う建設作業員の減少を見据えた対応が課題となっています。大林組は作業員が技能や熟練を必要とする加工・取付け作業に集中できるように、資材搬送作業の自動化を進めてまいりました。三井不動産としても、まちづくりを担う立場として、この課題に工事施工者と協力して取り組む必要があると考えています。建設現場の省人化に寄与するロボットの開発と建設現場への導入を推進する中で、今回の2社共同開発にいたりました。三井不動産は今後、本システムの開発を進め、オフィスビルや物流倉庫等の新築案件での標準採用を目指すとともに、本システムの技術を活用して、ゴミの自動搬送など竣工稼働後の建物での応用も検討してまいります。大林組は、本システムの開発を通じて得られたノウハウを生かし、高層ビルなど大規模新築工事での夜間自動搬送の実現により、さらなる省人化を目指してまいります。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目