高速パンチ・ファイバーレーザ複合マシン「EML-AJ」シリーズを新発売

投稿者:

株式会社アマダ(神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:磯部 任)は、パンチングとレーザ加工の高速化と高品位化をともに実現する高速パンチ・ファイバーレーザ複合マシン「EML-AJ」シリーズを開発し、このたび販売を開始します。複合マシンは、アマダが板金業界の中で先駆けて開発したもので、パンチングとレーザの両機能を統合し、板金加工における切断・穴あけ・成形・タップの加工工程を1台で行えるマシンです。アマダは、ファイバーレーザを搭載した複合マシンとして、省エネ、低コストで工程統合を実現する、コンパクトな「LC-C1AJ」シリーズ、および、変種変量生産、長時間連続運転を可能とし、パンチングの高品位加工が特徴的な「ACIES-AJ」シリーズを展開しており、お客さまから高い評価をいただいています。そして、このたびパンチングとレーザの加工品質を向上させ、高生産性、長時間の自動化対応などをさらに追求して総合力を高めた「EML-AJ」シリーズを追加しました。「EML-AJ」シリーズは、ベストセラーのパンチングマシンの単体機「EM」シリーズと同等のパンチングプレス能力(300kN)をはじめとして、これまで単体機で実績のあるパンチング機能を全て網羅しました。また、パンチング金型を搭載するタレットには、上下異径(φ1010mm、φ1200mm)のZタレットのほか、大容量タレット(φ1200 mm)の搭載が可能となりました。さらに、ヒットレート(時間当たりのパンチ打数)を従来機比で25%向上させ、パンチング加工において、アマダの複合マシン随一の高速化を実現します。また、発振効率の高い3kWのファイバーレーザ発振器と新しい光学系を組み合わせて、光の品質をより向上させるとともに、アシストガスの整流化技術により、従来機と比較して高品位加工が可能となり、切断速度が3倍となる高速化を実現します。その一方で、消費電力は1/3へ低減する省エネ性を有しています。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目