(レーザー関連)赤外光を電気エネルギーや信号に変換する無色透明な材料の開発に成功

投稿者:

概要
京都大学化学研究所 坂本 雅典 准教授、寺西 利治 同教授、豊田工業大学 山方啓 准教授、徳島大学 古部昭広 教授、国立研究開発法人産業技術総合研究所 松﨑弘幸 主任研究員らの共同研究グループは、赤外光を電気エネルギーや信号に変換することのできる無色透明な材料の開発に成功しました。
光を信号やエネルギーに変換することができる無色透明な材料は、例えば、透明性を利用した不可視の通信デバイスや、センサー、太陽電池といった先端技術を実現するキーテクノロジーとして多くの注目を集めています。紫外域の光を用いれば、無色透明でありながら光をエネルギーや信号に変換できる材料を作ることはできますが、紫外光は通信、エネルギー変換に向いていないため、長波長で不可視の光である赤外光を電気エネルギーや信号に変換することのできる材料の開発が強く求められていました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目