(レーザー関連)国内で風力発電向けサービスを開始 〜自律飛行を活用しブレード点検を簡素化〜

投稿者:

テラドローンは、ドローンによる風力発電向けブレード点検サービスを開始いたしました。


今回開発したアタッチメントを取り付けたドローンが撮影している様子

現在、風力発電機のブレード点検を行う際、重機やロープを使った点検が主流となっています。しかしながら、重機は立地条件によっては使用できず、ロープ点検は高所作業をするための特別な資格が必要となります。今回弊社が開始するドローンサービスを使用することで、立地条件や資格の有無に関わらず、目視点検を行うことが可能となります。結果として、大幅な時間短縮、安全性の向上、点検クオリティの向上に繋がることが期待されます。

本システムは、DJI製ドローンに取りつけたアタッチメントからのレーザー照射により自己位置推定を行うことで自律飛行を実現しております。そのため、マニュアル操作による点検で起きていた、操作ミスによるブレードへの衝突といった突発的な事故の確率を低減し、安全な点検を可能としました。撮影した画像は、専用のソフトウェアを介してクラウド上で管理ができ、AIによる画像処理によって、表面の損傷度合いを分類することが可能です。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目