(Lidar関連)SUV 型自動運転用車両 RoboCar® SUV に対応した自動運転用ソフトウェアAutoware導入オプションを販売開始

投稿者:

株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒、以下 ZMP)は、本日、ZMP RoboCar®SUVへ自動運転システム用オープンソースソフトウェア「Autoware」を搭載した自動運転用車両の「RoboCar® SUV Autoware 導入オプション」を販売開始いたします。

市販ハイブリッド車ベース自動運転技術開発プラットフォームRoboCar® SUVに、Autowareの導入オプションとして、レーザレーダ、カメラなどの環境センサを搭載、自動運転ソフトウェアとしてAutowareを実装することで、自車位置や周囲物体を認識しながら、カーナビから与えられたルート上を自律走行することが可能となります。ZMPは、センサの選定および車両への搭載、Autowareのインストールと車両をスムーズに制御するためのRoboCar® SUVのチューニングを行い、テストコースでの走行テストを行った上で自動運転システム実験車両として納品をします。Autowareは、名古屋大学を中心に開発され、自動運転の研究開発用途に公開されている、LinuxとROS(Robot Operating System)をベースとした自動運転システム用オープンソースソフトウェアです。RoboCar® SUV車両にAutoware導入オプションを適用した価格は 2,940万円(税別)~で本日より受注開始します。

【RoboCar Autoware導入オプション】
https://www.zmp.co.jp/products/robocar-autoware

【ZMP RoboCar® SUV】
http://www.zmp.co.jp/products/robocar-suv
RoboCar® SUV の特長
• スタイリングと走破性を両立した SUV タイプの自動運転用車両
• CAN情報取得が可能(速度、ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフトポジションなど)
• ZMP独自コントローラによりステアリング、アクセル、ブレーキをプログラムで操作可能
• 自動制御モードとマニュアルモードの切り替え可能
• オプションでカメラやレーザレンジセンサ等の外界センサ、大容量バッテリシステム、などを搭載可

【Autowareの基本機能】
• 3次元地図生成
• 3次元自己位置推定
• 経路生成
• 経路追従(0~60km/h)
• 自動停止
• 車両認識
• 歩行者認識
• 信号認識
• 移動体追跡

【価格】
RoboCar® SUV Autoware 導入オプション2940万円(税別)~
<構成例>
• ZMP RoboCar® SUV ×1
• 3次元LIDAR ×1
• カメラ(前方) ×1
• 大容量バッテリシステム ×1
• 制御用PC ×1
• Autoware導入設定サービス(テストコースでの走行テスト含む)
※センサー構成によって価格は変更となります。

【関連製品】
自動運転ソフトウェアプラットフォーム IZAC®(アイザック)
https://www.zmp.co.jp/products/izac/about

IZAC®は ZMPが開発した自動運転ソフトウェアです。IZAC®を搭載したコンピューター(PC)へセンサーを接続し、認識させることで、IZAC®の制御コンポーネントを通じて判断を行い、制御することであらゆる機械をコントロールすることが可能です。IZAC®を通じて、機械を動かすために必要な、認知・判断・操作のすべてを行えます。適用例として、自動運転車両・建機・バス・宅配ロボットと様々なプロジェクトに活用されております。

出典:https://fo-pro.s3.amazonaws.com/files/5d7844dd3f20762553c8da26/Pressrelease-20190911-spu5RLzofr.pdf

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目