(レーザー関連)4K/HDR対応ホームプロジェクター「LX-NZ3」を発売

投稿者:

株式会社JVCケンウッドは、JVCブランドよりホームプロジェクターの新商品として、4K/HDR対応プロジェクター「LX-NZ3」を12月中旬より発売します。本機は当社独自のレーザー光源技術「BLU-Escent」を採用し、緻密でなめらかな高精細4K(3840×2160画素)映像表示を3,000lmの高輝度で実現。また、HDRコンテンツを最適な明るさに自動調整する「オートトーンマッピング」機能も搭載し、エントリークラスのホームプロジェクターながら、4K/HDRの高精細映像をリビングでも手軽に楽しんでいただけます。

企画意図
当社は、普及が進む4K/HDRコンテンツを家庭で手軽に楽しんでいただけるよう、4K対応ホームプロジェクターのエントリーモデルとして、0.47型DMDTM搭載4K/HDR対応DLPプロジェクター「LX-UH1」を2018年5月に発売しました。このたび、当社が発売する「LX-NZ3」は、「LX-UH1」に続きエントリーモデルというコンセプトはそのままに、4K/HDRの高精細映像をリビングルームからシアタールームまでさまざまな使用環境でより手軽に楽しんでいただける新ラインアップとして投入します。本機は、これまで当社ハイエンド向けホームシアタープロジェクターに搭載して高評価を得てきた、独自のレーザー光源技術「BLU-Escent」や「オートトーンマッピング」機能を搭載。3,000lmの高輝度と約20,000時間の長寿命を両立するとともに、作品ごとに大きく明るさが異なるHDRコンテンツも最適な画質で楽しめます。エントリーモデルでありながら、これまで培ってきたこだわりの映像技術を搭載した本機により、4K/HDR対応プロジェクターのラインアップ拡充を図るとともに、より多くのユーザーに向けてホームプロジェクターによる大画面映像の魅力を提案します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目