(レーザー関連)踏切道のさらなる安全性向上を目指し 平面式踏切障害物検知装置の運用を開始します

 南海電気鉄道株式会社(社長:遠北 光彦)では、踏切道のさらなる安全性向上のため、平面式踏切障害物検知装置の運用を開始します。同装置の実証試験を1年6カ月行い、検知性能などに問題がないことを確認できたことから、このたび運用開始することを決定しました。今後、踏切道のさらなる安全性の向上を図るため、従来からの光式障害物検知装置を、順次平面式踏切障害物検知装置に置き換え、同装置の設置箇所を拡大していきます。
 詳細は以下のとおりです。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目