(レーザー関連)AI搭載IoT統合エッジウェア 新「Gravio 4」を1月7日から提供開始/マスク着用有無を判定する新たなAIカメラ機能を搭載し、コロナ禍対応強化

距離センサー、CO2センサー、電光掲示板などオリジナルデバイスも増強
新常態ニーズへの対応領域を広げ導入 2,000ユーザー への倍増を計画(2021年度末)

 アステリア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:平野洋一郎、証券コード:3853、以下 アステリア)は、AI搭載IoT統合エッジウェアの新バージョンとして「Gravio 4」(グラヴィオ フォー)の提供を2021年1月7日から開始することを発表します。
 
 Gravio 4では、AIカメラを使ったマスク着用有無の判定機能の搭載に加えて、レーザー型高精度距離センサーLiDAR(ライダー)を用いた距離計測センサー、文字情報などの表示に適したドット型LEDによる電光掲示板などGravioオリジナルデバイスのラインアップ追加等の強化を図ります。
 現在、新常態に対応する3密回避ソリューションなどが好調で、Gravioは前年同期(上半期)比10倍超の増収を記録していますが、より一層の機能拡充を図ることで2021年度末には現在の倍となる2,000ユーザーへの導入を計画しています。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目