(LiDAR関連)空港内制限区域における安全確保のための航空機認識 実証実験を開始

 製造業を中心にソリューションを提供している株式会社APC(本社:大分市、代表取締役:佐藤 隆己、以下APC)は、株式会社JALインフォテックの協力のもと、空港制限区域内にて車両が安全に走行するための航空機自動認識を目的とした実証実験を2021年10月4日より開始しました。

■ 実証実験の概要
 空港内の地上走行中の航空機を対象として、LiDAR※1と360度光学カメラを組み合わせて データを取得し、クラウド上で稼働中の学習済みAIモデルを使って航空機を検出、対象までの距離・角度を正確に算出する。結果はリアルタイムで実施者のスマートフォンの画面に表示される。実証実験は10月末日には完了する予定。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目