(レーザー関連)オールラウンドファイバーレーザマシン「BREVIS-1212AJ」を発売開始

待望のコンパクトサイズの3kWファイバーレーザマシン

 株式会社アマダ(神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:磯部 任)は、板金切断用オールラウンドファイバーレーザマシン「BREVIS(ブレビス)-1212AJ」の販売を10月より本格的に開始します。
 アマダは、これまでファイバーレーザマシンのラインナップを「REGIUS-AJ」「VENTIS-AJ」「ENSIS-AJ」の3機種にて展開しており、薄板から厚板、さらには大板材までの高速・高品位切断加工を実現してきました。今回ラインナップを拡充し、コンパクトでありながら3kWのファイバーレーザ発振器を搭載し、薄板から中厚板まで幅広い切断加工を実現する「BREVIS-AJ」を開発しました。
NC装置には、スマートフォン感覚で簡単に操作できる「AMNC 3i」を搭載。ファイバーレーザマシンを初めて導入するお客さまでも簡単に操作が可能です。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目