(レーザー関連)光渦を照射するだけで構造⾊を⽰すフォトニックリングを直接印刷︕ -次世代プリンタブルエレクトロニクス技術の確⽴-

 千葉⼤学分⼦キラリティー研究センターの尾松孝茂教授、桑折道済准教授、北海道⼤学⼤学院⼯学研究院の⼭根啓作准教授、⼤阪市⽴⼤学⼤学院理学研究科の柚⼭健⼀講師、⼤阪⼤学⼤学院基礎⼯学研究科の川野聡恭教授らの共同研究グループは、誘電体(絶縁体)のナノ微粒⼦が分散して存在する液膜に光渦注1)を照射することで、⻘から⻘緑の構造⾊注2)を⽰すフォトニック構造注3)のマイクロリングを印刷することに成功しました。さらに、⾦属のナノ微粒⼦が分散する液膜に光渦を照射することにより、単⼀の⾦属ナノ粒⼦を⾼精度(⾼解像度)で印刷できることも⽰しました。
 これらの印刷技術は、マイクロリングレーザー、プラズモニックナノアンテナといった次世代の光通信や、バイオセンサーといったデバイス開発など、次世代プリンタブルエレクトロニクス技術の確⽴に繋がることが期待されます。また、光渦とナノ粒⼦の相互作⽤に基づくこれらの現象を応⽤することで、混合物中のナノ微粒⼦の種類(誘電体であるか⾦属であるか)に応じてナノ微粒⼦を空間的に分離する「光渦ナノ粒⼦ソーティング」という新しいナノ微粒⼦分離法が可能となります。(図 1)本研究成果は、2021年10⽉25⽇にドイツ学術誌「Nanophotonics」にてオンライン掲載されました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目