(レーザー関連)身分証明書偽造防止、2つの技術組み合わせ高度化

カード様式障害者手帳など新たな需要に呼応して量産技術確立

2022年1月19日

 デジタルハイブリッドのトッパン・フォームズ株式会社(以下トッパンフォームズ)は、2つの加工技術(下記参照)をレーザー印字用カードに適用することで高度な偽造防止効果が得られるプラスチックカードの量産製造技術を確立しました。プラスチックカードは導入のしやすさから健康保険被保険者証(以下、健康保険証)として根強いニーズがあり、2019年4月から発行可能となったカード様式障害者手帳としての利用も増加しています。カード様式障害者手帳は、浮き出し(エンボス)加工や切り欠きなど他のカードと区別できる仕様が必須条件になっています。
 2つの加工技術を組み合わせたIDカードを国内で製造できるのは現在当社のみ(トッパンフォームズ調べ) となっています。当社は健康保険証、カード様式障害者手帳はもちろん、各種資格証やIDカードにおいても偽造防止技術の普及に努めてまいります。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目