千葉大発のドローンスタートアップACSLが21億円を資金調達(レーザースキャン3Dマッピング機体等も開発・販売)

空撮などで主に使われる一般向けの民生用ドローンでは、安価な中国製の製品が世界的にもシェアを取っているのが現状だ。そうした中で、土木建築現場での点検や測量・測地、物流・宅配といった産業用途に特化した国産ドローンを開発するの

続きを読む »