デンソーウェーブ、車両用センサー技術を基にした新型2Dレーザー式踏切障害物検知装置「ZONE D-RX」を開発

株式会社デンソーウェーブ(本社:愛知県知多郡阿久比町、代表取締役会長:杉戸克彦)は、このたび、自動車用衝突防止センサー技術をベースにした新型踏切障害物検知装置「ZONE D-RX」を開発しました。この装置は11月27日か

続きを読む »

テラヘルツ波の発生原理を解析/世界最長、単一素子の半導体レーザで波長 450 μmを実現/テラヘルツ波の実用化に期待

本社:浜松市中区砂山町 325-6 代表取締役社長:晝馬 明(ひるま あきら) 当社は、テラヘルツ波の発生原理の解析結果に基づき内部構造を工夫することで、テラヘルツ波を出力する従来の半導体レーザを長波長化し、室温かつ単一

続きを読む »

レーザー距離センサーと複数のカメラを融合し、特定エリアを監視する位置設定不要な「可搬型エリア侵入監視システム」を開発

特定エリアへの侵入を注意・警告し作業現場の安心・安全を実現 OKIは、当社が提唱する「インフラモニタリングソリューション」のひとつである「インフラ工事の工程・安全監視ソリューション」のラインアップとして、人の動きを可視化

続きを読む »