MITとハーバード大が51個の量子ビットの操作に成功!レーザーを使った量子コンピューティングの新技術

投稿者:

つい最近までSFの世界とされていた量子コンピューテイング技術が、予想以上の速度で発展してきている。通常のコンピューターが0と1を使ってタスク処理するのに対して、量子コンピューターでは0と1のスーパーポジション(重なり合った状態)を扱うことができるため、桁外れに高速な並列計算が可能だ。

量子コンピューターは実用にこそいたっていないが、研究機関や企業が開発にしのぎを削っており、Googleは5年以内の商用化を宣言し、IBMに関しては11月に、50量子ビットを備えた量子コンピューターを発表している。そんな中、MITとハーバード大学の研究チームは、量子ビットを操作する新しい手法を実証。メリーランド大学と並んで最大級となる、51個の量子ビット配列を扱うことに成功した。詳細は以下だ。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目