レーザー生成プラズマ光源の光強度増大現象を発見

投稿者:

1.経緯
物質にレーザー光を照射して生成されるプラズマを利用した光源は、レーザー生成プラズマ光源(LPP 光源)と呼ばれ、軟 X 線領域の実験室光源として利用されています(図 1)。

図 1: 金属ターゲットにレーザーを照射したときに生成されるプラズマからの発光。

生成される軟Ⅹ線は、励起レーザーの持続時間程度の短いパルス幅と、励起レーザーの波長やターゲット種に応じた発光波長を示すことが知られています。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目