ANAとSBドライブ、羽田空港新整備場地区でレベル4相当自動運転の実証実験に成功 (LiDAR搭載)

投稿者:

ANA(全日本空輸)グループと、ソフトバンクグループのSBドライブは2月25日、羽田空港(東京国際空港)新整備場地区の公道で、自動運転バスによるレベル4相当の自動運転を報道公開した。この自動運転バスは、日野自動車「ポンチョ」をSBドライブと共に自動運転技術を開発する先進モビリティが自動運転車に改造。自動アクセル制御装置、自動ブレーキ制御装置、自動操舵装置、LiDAR(レーザースキャナ)、ミリ波レーダー、GPS受信機を付加し、自動運転機能を実現している。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目