Facebook、レーザーによるネットワーク接続のための「Aquila」ドローン開発を打ち切り

投稿者:

米Facebookは6月26日(現地時間)、“残りの40億人”にインターネットを提供するプロジェクトの一環である無人機(UAV)「Aquila」の開発を打ち切ると発表した。

Aquilaは、Facebookが2014年に立ち上げた、次世代インターネット構築に取り組む同社の研究所Connectivity Labが開発する太陽電池で飛ぶ無人機。上空6万~9万フィート(1フィート=約30センチ)に滞空するAauilaのレーザー発信装置から地上のレーザー受信装置にレーザーを送ることで、通常の方法ではインターネット網の構築が困難な地位にインターネット環境を提供するという構想だった。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目