高い?安い? 1072万円で畑の革命…自動運転(Lidar)トラクターをヤンマー発表

投稿者:

農業機械の販売やメンテナンスなどを手掛けるヤンマーアグリ株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役社長:北岡裕章)は、2018年10月から自動運転トラクターを順次発売すると発表した。経営の大規模化や就農者の減少・高齢化による人手不足といった課題を抱える農業分野において、自動運転技術が大いに貢献しそうだ。発売するのは、無人運転が可能な「ロボットトラクター」と最小限の操作が必要な「オートトラクター」。すでに所有している同社の「YTシリーズ」のトラクターを自動運転仕様に変更するアップグレードキットも販売する。操作や設定にはタブレット端末を使用する。情報はアイコンやイラストで表示され、作業領域や経路作成、運転中の軌跡確認など簡単に操作できる。2台のトラクターでの協調作業時には、随伴・併走する有人トラクター内で近距離監視を行いながらタブレットで無人トラクターを操作することもできる。位置情報は、衛星(GNSS)と基地局からの電波を取得してトラクターに補正情報を送るほか、オプションでヤンマー独自の基地局を設置することで高い精度での補正情報取得が可能になる。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目