プロジェクター用 638nm 赤色高出力半導体レーザー発売開始のお知らせ

投稿者:

三菱電機株式会社は、プロジェクター用光源の新製品として、発光波長638 nm(ナノメートル)の鮮やかな赤色で、世界最高のパルス駆動光出力3.0Wにおいて MTTF20,000時間以上を達成し、広い動作温度範囲を実現した赤色高出力半導体レーザー「ML562G86」を、2019年1月11日にサンプル提供を開始し、4月1日に発売します。本製品により、プロジェクターの高輝度化・小型化に貢献します。

新製品の特長

1. 世界最高パルス駆動光出力3.0WにおいてMTTF20,000時間以上を達成

    • レーザー素子の構造や製造プロセスの改良により、従来比20%増となる世界最高のパルス
      駆動光出力3.0Wを実現し、信頼性の指標となるMTTFで20,000時間以上を達成
    • 視感度の高い波長638 nmにおける高出力化により、レーザーダイオ-ド1個あたり従来比
      20%増の約145ルーメン(lm)相当の光源の構成を可能とし、プロジェクターの高輝度化に貢献

2. 広い動作温度範囲の実現によりプロジェクターの小型化・低コスト化に貢献

    • 放熱性の高い大型のφ9.0mm TO-CANパッケージにより、パルス駆動光出力3.0Wをケース温度0~45℃の広い動作温度範囲で実現
    • 上限のケース温度55℃の高温動作において、世界最高のパルス駆動光出力2.1Wを実現
    • 広動作温度範囲で冷却構造の簡素化が可能となり、プロジェクターの小型化や冷却ユニットの低コスト化に貢献
    • この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

      既存ユーザのログイン
         
      新規ユーザー登録
      *必須項目