ドローンに搭載可能なグリーンレーザースキャナの実用化研究に成功

投稿者:

株式会社パスコ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:島村 秀樹、以下:パスコ)と株式会社アミューズワンセルフ(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:佐野 ひかる、以下:アミューズワンセルフ)は、国土交通省水管理・国土保全局河川環境課河川保全企画室が実施した「革新的河川管理プロジェクト」の「陸上・水中レーザードローン」の開発チームとして陸上および水中を面的に計測するグリーンレーザースキャナの研究開発を2017年4月から共同で進め、このたび、実用化研究に成功いたしました。

なお、国土交通省では、2月1日の報道発表にて、従来の測量や点検等の結果に加え、本研究成果のグリーンレーザースキャナで取得する三次元データを活用することで、維持管理の高度化・高精度化が図れるとしています。また、小型軽量で可搬性に優れており、被災地域への応援などでも効果が発揮できるとし、順次、各地方整備局等において実装を進めていくと、発表されています。
今回開発に成功したグリーンレーザースキャナは国内初の地上と水底を面的に計測可能なドローン搭載型のシステムです。また、世界的に見ても画期的なものとなります。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目