世界最高、117 ジュールの出力を実現/半導体レーザ励起の高出力産業用パルスレーザ装置を開発/新たなレーザ加工の実用化に期待

投稿者:

当社は、レーザ媒質を効率よく冷却する技術を確立し、半導体レーザ(以下、LD)励起では世界最高の117ジュール(以下、J)のパルスエネルギーを出力する産業用パルスレーザ装置を開発しました。本開発品により、航空機や自動車の金属材料を硬くするレーザピーニングの効果をさらに高めることができると見込まれます。また、金属材料を成形加工するレーザフォーミングや塗装剥離などの新たなレーザ加工の実用化が期待できます。
本開発品は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「高輝度・高効率次世代レーザー技術開発」プロジェクトにより開発しました。また、4月22日(月)から4月26日(金)までの5日間、パシフィコ横浜(横浜市西区)で開催される、光・フォトニクス国際会議「OPIC2019」において発表します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目