(Lidar関連)自律走行型巡回監視ロボット 「セコムロボットX2」のサービス提供を開始

投稿者:

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、自律走行型巡回監視ロボット「セコムロボットX2」のサービス提供を6月から開始し、第1号のご契約先として成田国際空港での導入が決定しました。

「セコムロボットX2」は、2005年10月に販売開始した「セコムロボットX」の機能をさらに進化させた巡回監視用のロボットです。レーザーセンサーにより自己位置を特定しながら敷地内の巡回ルートを自律走行し、搭載したカメラにより様々な場所で画像監視を行います。また、巡回後は定められた立哨ポイントで停止し、周囲の監視を行います。

さらに、ロボット上部には赤外線センサー、熱画像センサー、金属探知機を内蔵したアームが搭載されており、巡回中に発見した放置物やルート上に置かれたゴミ箱などを点検することもできます。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目