(Lidar関連)常陸太田市における実証実験にて 安心・安全な自動運転サービスの実現に向けた検知システムの検証を行います

投稿者:

株式会社みちのりホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役グループCEO:松本順、以下「みちのりHD」)および茨城交通株式会社(本社:茨城県水戸市、代表取締役社長:任田正史、以下「茨城交通」)、パイオニア株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役 兼 社長執行役員:森谷浩一、以下「パイオニア」)は、道の駅「ひたちおおた」を拠点とした自動運転サービス実証実験地域協議会(実験事務局:日本工営株式会社/本社:東京都千代田区、代表取締役社長:有元龍一)が実施する常陸太田市における自動運転サービス実証実験に参加し、安心・安全な自動運転サービスの実現に向けた検知システムの検証を行います。

本実証実験は、自動運転車両および地域住民をサポートする移動サービスの実現に向けた技術の検証を目的とするもので、パイオニアが保有する“「3D-LiDARセンサー」による人・物体検知”、“独自の音響信号処理技術を用いた音声案内システム”、“自動運転に有用な各種情報を取得するIoTシステム”を用いた検証を行います。

【常陸太田市自動運転サービス実証実験の概要】
本実証実験は、内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)のプロジェクトの1つとして実施されます。
実施期間 :2019年6月23日~7月21日
実施場所 :茨城県常陸太田市高倉地域 (走行距離約1.8km)
実施時間 :8:00~17:00(毎日運行)
走行車両 :ヤマハ発動機株式会社が提供する自動運転車両
参画企業 :日本工営株式会社、株式会社みちのりホールディングス、茨城交通株式会社

パイオニアとみちのり HD、茨城交通は、パイオニアの技術を利活用し、以下の検証を行います。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目