(Lidar関連)世界初のTrue-solid-state 型マルチビーム方式LiDARの新モデル「XenoLidar Intercity」を販売開始

投稿者:

株式会社東陽テクニカ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:五味 勝)は、ADAS(先進運転支援システム)/自動運転システム向けLiDAR※1の開発・製造を行うXenomatiX N.V.(本社:ベルギー・フラームス=ブラバント州ルーヴェン、以下XenomatiX 社)製の周辺環境計測システム「XenoLidar Intercity」を2019年9月26日に販売開始いたします。「XenoLidar Intercity」は2018年9月より販売している「XenoLidar Highway」の視野角を広げた新モデルで、自動車などに取り付け、レーザーを照射し反射光を検知することでより広範囲の周辺環境を測定することができる高精度な光学センサです。前身機の「XenoLidar Highway」は世界で初めて※2LiDARにマルチビームを採用したTrue-solid-state型マルチビーム方式のLiDARで、可動部分と回転機構を持たないため壊れにくく、設置場所の自由度が高いという特長があり、その利点は「XenoLidar Intercity」にも引き継がれています。本製品は無人搬送車(AGV)システムへの応用、人や物の監視といったセキュリティ分野への応用も期待されます。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目