(レーザー関連)連続照射から最短4ミリ秒のパルス照射まで操作の自由度が高いレーザ加熱加工装置を開発/レーザ焼入れの普及促進に期待

2021年2月22日
浜松ホトニクス株式会社
本社:浜松市中区砂山町325-6
代表取締役社長:晝馬 明(ひるま あきら)

 当社は、独自の半導体レーザ(以下LD)技術により新たに開発した直接集光型レーザダイオード(以下DDL)と、操作の自由度が高い6軸ロボットアームを組み合わせた、レーザ焼入れ向けレーザ加熱加工装置を開発しました。表面焼入れに適した2.5キロワット(以下kW)の出力のレーザを、さまざまな形状やサイズの鉄鋼材料へ照射できる上にランニングコストが低いため、レーザ表面焼入れの普及が進むと見込まれます。また、連続照射から最短4ミリ秒のパルス照射まで、1回あたりのレーザ照射時間を任意に設定することで加熱温度を高精度に調整でき、耐熱性が低い材料への応用も期待できます。
 本開発品は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「高輝度・高効率次世代レーザー技術開発」プロジェクトにより開発しました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目