(レーザー関連)~人の手に頼らないロボット点検技術へのイノベーション~/「レーザー打音検査装置」の社会実装に向け大きく前進!

 株式会社建設技術研究所(代表取締役社長:中村哲己)は、QST認定・理研ベンチャーの株式会社フォトンラボとの業務提携、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(QST)との共同研究の成果により、道路トンネルの定期点検業務において、人力打音検査を代替え・定量化する「レーザー打音検査装置」を国内で初めて診断支援に活用しました。

1.概要
 株式会社建設技術研究所(本社:東京都中央区、代表取締役:中村哲己、以下「建設技術研究所」)は、株式会社フォトンラボ(本社:東京都中央区、代表取締役:木暮繁、以下「フォトンラボ」)との業務提携契約、国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構(本部:千葉県千葉市、理事長:平野俊夫、以下「量子科学技術研究開発機構」)との共同研究の成果として、道路トンネル定期点検業務の支援技術にロボット点検技術のひとつである「レーザー打音検査装置」を国内のトンネルで初めて診断支援に活用しました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目