(レーザー関連)鉄道の小径トンネル内計測と車道からの全方位画像撮影で点検業務をさらに効率化/「三菱インフラモニタリングシステム」のサービスを拡充

 三菱電機株式会社は、鉄道や道路の状況を車両で走行しながら高精度に計測・解析する「三菱インフラモニタリングシステム(MMSD®)」を用いたサービスに、新たに鉄道分野向けの小径トンネル計測サービスと道路分野向けの全方位撮影サービスを追加し、6月28日から提供を開始します。
 車両から分離できるコンテナ型の計測システム(MMSDⅢ)を新たに導入し、低床台車に搭載することで鉄道の小径トンネル計測を実現。また、従来の計測システム(MMSDⅠ)に360°カメラを搭載し、3次元点群データだけでは判別できない対象物を可視化することで、社会インフラ設備の点検業務のさらなる効率化に貢献します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目