(レーザー関連)レーザーで加速された炭素イオンと酸素イオンを固体飛跡検出器で分別検出する手法を開発

 神戸大学大学院海事科学研究科の金崎真聡准教授、山内知也教授らと、大阪大学大学院工学研究科の蔵満康浩教授ら、量子科学技術研究開発機構関西光科学研究所の福田祐仁上席研究員らの研究グループは、レーザーで加速された炭素イオンと酸素イオンを固体飛跡検出器で分別検出する手法を開発しました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目