(レーザー関連)新しい酸化チタンの高品質結晶合成に成功/環境に優しい光・電子デバイスの実現へ

【発表のポイント】

  • 酸化チタンの一種であるラムダ型5酸化3チタンの高品質単結晶合成に初めて成功した。
  • 薄膜技術による構造の安定化を活用し、従来よりも100万倍大きな結晶が得られた。
  • この成果は、持続可能な社会の実現に向けた環境負荷の小さい光・電子デバイスの創生につながると期待される。

【概要】
 安価で安全な材料の開発は、持続可能な社会を実現に重要な研究課題です。酸化チタンの一種であるラムダ型5酸化3チタンは、外からの刺激で自身の構造が変化する特徴から、光・電子デバイス材料に有望と考えられています。しかし、ナノメートルサイズの微小な結晶しか得られず、応用への障害となっていました。東北大学多元物質科学研究所の吉松公平講師と組頭広志教授は、薄膜技術による構造安定化を活用し、従来よりも100万倍大きな高品質単結晶の生成に成功しました。
 今後、この成果を用いて環境負荷の小さな光・電子デバイスを創生し、持続可能な社会の実現に貢献することができます。本研究成果は、アメリカ化学会発行の論文誌 Crystal Growth & Designに2021年12月15日付け(米国時間)で公開されました。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目