(レーザー関連)レーザー光の向きを自在にコントロールするガルバノスキャナー新製品を発売 レーザー加工の精度が大幅に向上

2022年1月13日
キヤノン株式会社
キヤノンマーケティングジャパン株式会社

キヤノンは、レーザー加工装置におけるレーザー光の向きを自在にコントロールするガルバノスキャナーの新製品として、ガルバノスキャナーモーターGM-2000シリーズ“GM-2010/GM-2015/GM-2020”の3機種を2022年1月13日に発売します。

 ガルバノスキャナーは、先端に取り付けたミラーでレーザー光の進む方向をコントロールし、レーザー光を狙った位置に照射するための装置です。3Dプリンターやレーザー溶接機、レーザーマーキング装置などに搭載されています。スマートフォンタッチパネルや FPD(フラットパネルディスプレイ)製造のレーザー加工、自動車・電池部品のレーザー溶接加工の高精細化にともなって、ガルバノスキャナーの高精度化ニーズが高まっています。GM-2000シリーズは、搭載するミラー(別売り)の大きさに合わせて3種類をラインアップしています。自社開発の新光学式エンコーダー※1を搭載したことにより、従来機種GM-1000シリーズ(2008年発売)に比べ、位置決め精度が向上し、より高精度なレーザー加工を実現します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目