緑色半導体レーザの量産を開始

投稿者:


緑色半導体レーザ<GH05130B2G(φ5.6 TO-CAN)>

シャープは、ディスプレイ光源に適した緑色半導体レーザの2モデル<GH05130B2G/B5G>の量産を、本年11月より開始します。半導体レーザは、ブルーレイやDVDなどの光ディスクのデータの読み取り/書き込みやバーコードリーダーのスキャナーなど、様々な機器に搭載されています。最近では、プロジェクターの光源など、映像分野にも活用の幅が拡がっています。今回、当社は緑色レーザがラインアップに加わることで、業界で初めて、1社から光の三原色(赤色・緑色・青色)の半導体レーザを提供することが可能となります。お客様のご要望により光の強さやレーザ光の形状などの光学特性や、電流値などの電気特性の調整に応じることで、開発期間の短縮や調達業務の負荷軽減に貢献します。本緑色レーザは波長515nm、光出力30mWを実現。標準タイプの直径5.6mmとコンパクトな直径3.8mmの2種類の金属パッケージを揃えました。市場が拡大する小型プロジェクターやヘッド・アップ・ディスプレイ(HUD)※2、ヘッド・マウント・ディスプレイ(HMD)※3などの光源として、お客様の多様なご要望に対応してまいります。なお、本製品は、10月4日(水)~6日(金)に幕張メッセ(千葉県美浜区)で開催される光技術の国際展示会「InterOpto 2017」に出展します。

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録
*必須項目